読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある高専の自暴自棄

現高専生が高専について感じたままを記録し、まれに本や映画の紹介をします。寮生は暇なんですよ。

朝5時の出来事

部屋の相方の自分を呼ぶ声で、突然目覚めた。
「何??」
「いや、なんか黒くてまぁまぁ大きい虫が部屋でブーンって飛んでたんやけど」
「え、何だって。もしかして・・・・・・」

この頃寮では珍しいゴキブリが発生しているという情報がある。隣が補食室ということもあり、ゴキブリが出る確率が高い。それで自分はゴキブリでは?という可能性を考えた。

「もしかしてゴキブリ?」
「いや、多分違う。あんなに長時間空中におることできんと思う」
「あ、そうなん。じゃあいいや」
と、俺は眠かったのですぐに寝ることにしました。

そして先ほどその虫が掃除をしていると見つかりました。
カナブンでした。
でも、どこから侵入したのだろうか?