読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まさかの高専。学年閉鎖だと。。。

高専日記 高専

去年は水道管凍結により、トイレが使用できなくなったことから三日間寮での待機になりましたが、まさか今年は約一週間通常授業が行われながらも二年生だけは学年閉鎖

寮生は強制的に帰省を命じられ、今は自宅待機という何とも驚き。

これの何が面白いって留年している寮生は、元同級生は全員いなくなって現同級生(後輩)しか周りに居ないという。自分だったら少し悲しいですね。

しかし、自分らは笑っていられる状況ではありません。

去年の通りだと、土曜日授業、もしくは普段の授業時間を増やされる可能性が大です。高専は補修や、課外がないので毎年学習内容を終わるのが本当にギリギリの詰め込み状態。

そんな最中、こんな事態が起きれば授業の進行を別の形で補うしかないのです。

やべぇよ、おい。

後から一週間分のつけが自分らに降り注いでくるわけだ。

好きで休んでないのに。

学年閉鎖だと決まった瞬間、大きなため息が出ましたよ。本当に。

今回はお隣のクラスが、欠席者の規定の人数を上回ったらしく(そもそもこれ怪しいんだよなぁ。高専、この時期になると留年を覚悟して休む人が続出するから真偽が不確かなんだよなぁ)、そしてこちらにも火の粉が降ってきたわけですね。

 

うちの高専では二年生は混合学級という各学科の学生をバラバラにするという昔ながらの理解しかねないクラス編成をとっていました。普通に学科ごとそのまま五年間貫かせればいいのにと思いつつ、まそれは置いといて。

その為、一クラスが休むと他のクラスと大きく学習内容に差が出るわけです。でもそれは、普通高校も同じでしょう。

しかし、後から埋め合わせの形で授業を進めようにも専門科目だけを休んでいたクラスに教えるというのは相当面倒な事らしいんですね。

じゃあ、一括に学年全員休めたほうがあとの処理楽じゃん、とのことで学年閉鎖になるわけです。

 

だから自分らは巻き込まれただけじゃん!! と怒ってもいいわけです。正当な理由ですね。

なので実を言えば自分は急な休暇にて、恐怖を味わっています。

大丈夫なのだろうか。

休みなくなるんじゃねーの。

春休みが削られるんじゃ。。。。。。

様々な未来を想像するわけです。

他の学年が春休みの中、自分らだけ登校するのは何とも歯がゆい。

やべぇよ、やべぇよ。

 

それはそうと高専推薦の時期ですね。

受験する人は頑張ってください。

あでぃおーす!!!!