とある高専の自暴自棄

現高専生が高専について感じたままを記録し、まれに本や映画の紹介をします。寮生は暇なんですよ。

高専生のバレンタイン

今日は十八日。バレンタイン四日後に書いております。

皆さんは貰えましたでしょうか。

彼女さんがいらしたらほぼ確実何でしょうけども、生憎自分にそのようなお相手はおりませぬ。だからって、その様な恋路に発展するわけでもございませんが。

 

しかしです。

仕方ないのですよ、高専生というものは。

学年末試験と重なって、皆テスト勉強で忙しいのです。下手をすれば今回の成績で留年が確定しますので、誰もが命がけなのです。

 

そうなのさ……

 

だから時間が無かったんだ。

 

チョコを制作する時間がさ。買いにいく時間も惜しかったんだろう、きっと。

そうだと信じたい。

 

って高専生が言い訳できるように学校側は配慮してこの時期にテスト期間をぶつけてくれるのかもしれぬ。

 

なんて優しいのだろう。

あぁ高専

バンザーイ

バンザーイ

 

靴箱なんて設置せず、校内は外靴で歩き回れる仕様にしているのも原因の一つだろう。

どうやって間接的にチョコを渡せばいいのか困るんだよ。多分ね!

 

 

だからさ、テスト期間にも関わらずチョコをくれた彼女さんは大事にしないとだめだぜ。

 

お兄さんとの約束だぞ!!