とある高専の自暴自棄

現高専生が高専について感じたままを記録し、まれに本や映画の紹介をします。寮生は暇なんですよ。

来年はお金を稼ごう、そうしよう

年末になると今年を振り返ろうとするも、思えば特筆すべき出来事が何もなかったな、としみじみ思います。

ほとんど室内にいて、小説、マンガを読むか、映画、アニメを見るか、で過ごしてました。

 

ここ最近はAmazonプライム・ビデオに入会し、ウォーキング・デッドにハマりっぱなしです。海外ドラマは面白いと小耳に挟んでいたのですが、これまた超面白い。初っ端の状況から物語の構成が神がかっていると思います。

主人公リックが意識を失っていた状況から目を覚ますと、そこはゾンビがはびこる世界でしたって。冗長な説明や描写がなくて、でも観てる側としては感情移入しやすいのです。何で気がつけばこんな世界になっているの、てね。

アイアムヒーローとかは悪いようで良い例かもしれません。

確かあれ、主人公の英雄の周りが徐々にゾンビになっていく様を丁寧に描いていて日常から非日常への移り変わりが分かりやすいです。最初は英雄は受け入れませんでしたが、少しづつゾンビへの抵抗がなくなって、やっと銃を手に取りカッコイイ姿を見せるのがカタルシスなのです。

展開は遅いけれど、それなりの面白さがあります。一気読み推奨。

また、ウォーキング・デッドの舞台はアメリカなので拳銃は腐るほどありますが、アイアムヒーローでは主人公しか持ち合わせてないんですよ。猟銃用でたまたま持っていただけで。なので相当英雄は重宝されてましたね。

もし、日本でゾンビパニックとなれば、確実にほとんどの人が死ぬでしょう。対抗する術を持ち合わせていない。包丁や鎌で倒さなければならない。

もしくは、がっこうぐらしのようにスコップとかで倒してみても良いかもしれない。

基本、ゾンビものって出てくるゾンビの怖さって統一されないですよね。バイオハザードとかあれ、相当走るし、メチャクチャしぶといもの。あのゾンビに噛まれるのは観ててすごく痛そう。でもがっこうぐらしのゾンビって少し可愛らしい。あれなら噛まれても良いかなって思ったりもする。

まあ、大学編では少し怖かなりましたが…。

大抵、というかゾンビものは9割がた人間対人間に展開は移行します。甲鉄城のカバネリとか、1番に挙げられる悪い例ですね。

途中までは興奮して毎週楽しみにしていましたが、あの何だっけか、ビバサマ(漢字が分からない)が登場してからつまらなくなってしまいました。やっぱりゾンビに対抗しているシーンの方が面白かったりします。

だからこそ、ウォーキング・デッドは面白いのだろうと改めて思います。人間対人間の抗争と仲間の心情の変化の描写が巧みで上手い。どのキャラも魅力的で誰もかれもに死んでほしくなくなる。なのに結構制作側思い切りがよくて、「あ、こいつ殺すのかよ」ていう奴を殺します。というより、たまーにだけど物語を円滑に進めるために殺してんじゃないの? って思ったりもしたり……。でも、それには理由があって、結局仲間はずれにされるような、対立する嫌われ者は自然とそういう運命なのでしょう。自業自得というか、仕方がないという話です。

自分はダリルとグレンが好きですね。グレンは最初の雑魚キャラ感があった時期の方が好きだったのに、マギーに出会ってしまったせいでイケメンに成り果ててしまっている。帽子がよく似合う男だったてのに。

ダリルは物語が進むにつれて好感度が上がりますね。リックの右腕的存在で、仲良しなのが良いです。彼には長く生き残って欲しいです。

自分は今、シーズン5まで観ていますが、以前困ったことがあって、俳優を調べようとしたら検索候補に名前の後に[〜〜死亡]って書いてあって盛大なネタバレを食らったんですよね。

うわ、あいつ死ぬんかーいって。ポジティブに考えれば、ある意味無敵のシールドなんですけど。デスノートで言えば、13日後に死ぬことを書けば、それ以前には絶対死なないみたいな。

だから、安心して観られるっていう点では良いのかもしれない。

けどなぁ、あいつ死ぬのか。ああ、最悪じゃないか。残念無念。

 

 

それで、結局自分は何を書くつもりでタイトルに金を稼ごうと明記したのか。数分前のことなのに、さっぱり覚えていない。自分の記憶力のなさに慄いています。

ま、とにかくシーズン7まで観ないといけないね。冬休み中に観られれば良いんだけど。

 

それでは、また。