とある高専の自暴自棄

現高専生が高専について感じたままを記録し、まれに本や映画の紹介をします。寮生は暇なんですよ。

生存報告を

ここ最近ブログを書くまとまった時間と気力がなく、一応まだこのブログは継続していくよという報告を。

今更何故ブログを更新したかといえば、なんか急に閲覧数が伸びて通知に気がついたからです。ツイッターで誰かがこのブログを紹介してくれてたっぽいです。リンクも貼ってくださり、いつもより少し多くの人の目に触れて、僕としては嬉しさもあるんですが、それ以上に恥ずかしさが勝って複雑な心境です。

だって2年前ぐらいの記事といえばまだ自分は高専二年生だし、なんか勢いに任せてた時期だったので色々と思い出したくないのです。

 

今現在、自分は進学するのか、就職するのか半々で悩みつつ、今までで一番高専生活で忙しい日々を送っています。本当にヤバい。

こんなブログを書いてないで寝たほうが、明日の朝の自分は後悔しないのに。

ふと、色々あって書きたくなったのです。

 

脈絡もなく言うけど、高専を目指している中学生の方々、是非受験勉強を頑張って志望校に合格できるよう頑張ってください。高専生活は普通高校よりかは当然、特殊な校風、教育理念のもと異質な学校生活を送ることになると思いますが、多分楽しい生活を送れることではないでしょうか。

やはり一概に誰もが楽しめる学校生活というのはなくて、全力で勧められるわけではないですが、進学、就職どちらの真ん中おいても頑張れば、相当良い未来を得ることができると思います。

ここ最近それをつくづく実感します。本当に自分は恵まれた環境にいるんだなと改めて痛感します。