読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある高専の自暴自棄

現高専生が高専について感じたままを記録し、まれに本や映画の紹介をします。寮生は暇なんですよ。

VS蚊〜絶対にぶち殺してやる〜

夏になってくると奴らはやってきます。
部屋の中だろうと外だろうと関係ありません。

俺の血を求めどこまでも追いかけてきます。

ある時は俺が寝ようとしている時、奴らは来ます。
俺の耳元でプーーーーーーンと音をならせます。

はっ、と俺は気づいて起きます。
「何なんだ、今の音は」
とても慌てます。

しかし、俺は気にせず寝ます。
夜12時頃なのでとても眠かったのです。

後から後悔するとは知らずに。




夜1時頃俺は起きました。
普段は朝まで起きないのですが今日は違います。

しかし今日は起きました。
何故なら手を刺されてとても痒かったからです。
電気をつけます。
まさかの3箇所も刺されてました。

とても痒すぎたのでムヒを塗りました。
そして俺は決めました。
「ぶち殺すと」

俺は部屋中を探しました。
しかしどこにも居ません。
おかしい、何故居ないんだ。

「は、もしかして」
と、思い眼鏡をかけ天井を見ます。

すると、奴は天井にいました。
それからは俺の行動は速かった。

椅子に乗って持っていたティッシュを使い奴を仕留めました。

「はっはっはっはっー」

蚊を倒すことが出来た俺はグッスリ眠ることが出来ました。


おしまい